マインドブロックの解き方 自信がなくて英語を話すのをためらってしまうあなたへ

皆様こんにちは!春日啓花です。

IMG_2066.JPG

皆様は自分より英語力が高い人と話す時に、つい英語を話すのを躊躇してしまう・・そんな事はありませんか?

例えば、英語を学び始めたばかりで外国人相手に英語を話すのをためらってしまう方・あるいは日本人同士で英語を話すのに照れがある方、日本人の英語に慣れていない外国人相手だと急に臆してしまう方、それぞれマインドブロックがかかるポイントは違うと思います。

私は、国際線客室乗務員として外国人乗務員と働いていたので、必要に迫られて英語を使う事でそのマインドブロックをどんどん自分で壊す事ができました。私には、もう英語への心的な壁はない!そう思っていました。

だからこそ、自分の担当するビギナー向け英会話の授業では、マインドブロックを解くこと最優先に考え、クラスを組み立てていましたし、学生のみんながどんどん変化する様子を誇らしく思っていました。

しかし、私にもまだあったんです。自分でも気付かなかったマインドブロックがかかるポイントが。

IMG_5729.jpg

それは、ハーフのバイリンガルの方と知り合った時のこと、日本語で話していたのに、不意に英語に切り替わったんです。その瞬間私の心に久しぶりに『あの感覚』が蘇りました。

「私の英語は完璧じゃない。長い文章を作ってミスをするのが怖い。できないと思われたら恥ずかしい。この人は日本語も完璧だからニュアンスの違いも感じるはず。」

私は、急に短い文章で、確実に答えられるやり方に逃げました。そして、さりげなく日本語へ移行。会話が終わった後、とても悔しかった。臆してしまった自分が情けなかったです。

そんな時ふと目に飛び込んできた、ポスターの文字がありました。

『不思議なことに 恥をかくほど 英語は上達する』

私はハッとしました。そうだ、私、今まで自ら恥をかいて覚えてきたんだって。今、英語講師という立場になり、周りからの見る目もあり、知らない間に守りに入っていたんです。

私はすぐにその友人にメッセージしました。

『ハーフの人と英語話すのに、緊張した。臆してしまった自分が恥ずかしい。私上達したいから、英語教えてね。そしてこのニュアンスのことを伝えたい時なんていうの?この言い方であってる?』

その友人は『え、全然だよ。発音よかったじゃん。その場合の言い回しはこうだよ。』って普通に教えてくれました。私はとても気にしていたけど、彼は全然気にしてませんでした。結局そんな程度なんですよね、他人から見える自分なんて。自分が思うほど、相手は自分の事気にしてないものです。なので逃げるよりぶつかった方が、意外と簡単にブロックは解けます。

それでも、やっぱり臆病になってしまった時は、私がよく授業でも取り上げる『2016年 ルー・ゲーリック・スポーツ賞受賞の際のイチロー選手のスピーチ』の動画を見ます。

このコラムではその文章を書き起こすので、興味のある方は検索してみてください。

『Hallo, everybody! I'm Ichiro Suzuki from the Miami Marlins.

You might be expecting a speech. But like home-runs, speech in English are not my game. Even so, I'm very happy to be here and thank you for having me.』

短いスピーチですが、しっかりと間を取り、観客を沸かせるイチロー選手。本当に格好いいです。短い中にもイチロー選手ならではの例え話が入っていて、受賞への感謝の気持ちも含まれている素晴らしいスピーチだと思います。堂々と自分の言葉で話せば、ミスなんて誰もなんとも言わない。英語はコミュニケーションのツールなんだから、使わないと意味がない!そう思わせてくれます。

何年も海外に住んでいても、日本人としてのアイデンティティをしっかりと持ち、人前に立つイチロー選手のかっこよさにもご注目ください。

みなさまも、自分の心にブロックがかかっているな・・と思った時はぜひご覧になってみてくださいね。


P7030323.JPG

このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives