めざせPOLYGLOTS Teacher!マイスターティーチャートレーニング(MTT)レポ

こんにちは。春日啓花です。

第3期のMTT(マイスターティーチャートレーニング)が始まりました。
今まであまりお伝えする事のなかった詳しい内容について、私が実際に体験してお伝えしていきます。

40684417_257001615149508_3374687251941294080_n.jpgのサムネイル画像



【MTT開始前】

まずMTT応募者には全員、担当講師のセレンさんとスカイプ面談があります。
この際に自分の英語のバックグラウンドやどんな講座をしたいのかなどを相談することができます。ひとりひとりの個性を活かしたトレーニングにするために、こんなオンラインサポートもついているんです。トレーニング内容についての質問もできるので、この面談はとてもお得な感じがしました。

【MTT初日オリエンテーション】

初日は3時間のオリエンテーションです。オリエンテーションでは

・自己紹介

・ポリグロッツのアプリについて

・ポリグロッツのオフライン講座について

・MTTのトレーニング内容について

・講座の組み立てのヒント

・ポリグロッツのサポート体制

・ポリグロッツの講師としての魅力

などについて学びます。


IMG_20181014_104242.jpg



そのあとは、今回からサポート講師として参加なさっているMTT2期のミラクル先生からkeynoteを活用したレッスンの実践的なお手本を見せていただきました。英語のレッスンにおいて、音と映像を使うと、文法のレッスンもこんなにふくよかなものになるんだなと驚きました。




【MTT 2日目 15分のデモレッスン】 

いよいよ本格的なトレーニングが始まります。

事前に受講者にはいくつかの日常会話の頻出フレーズが提示されます。その中から好きな題材を選び、好きなテーマで15分のデモレッスンを準備しておいて、トレーニングの日を迎えます。

私は普段大学でTOEIC講座を担当していますが、英会話のレッスンはあまり経験がなく困ったなぁと思いましたが、ブログでも書いている恋愛英語を取り入れて資料を作りました。


IMG_0730.JPG


15分のデモレッスンを終えた後、他の受講者の方や講師陣からのフィードバックをもらい、それを踏まえて休憩の後にもう一度デモレッスンをします。指摘を受けたところをどれくらい修正できるか、などかなり頭を使いますが、実際にやってみるトレーニングなのでとてもためになりました。

また、このトレーニングはビデオにて録画し、あとで見直すことができます。これは大きなポイントです。実際に自分のクラスを見ると、話す内容・スピード・表情など『思ってたのと違うー!!』なポイントがたくさんで、自分が生徒さんからこのように見えていたんだと多くの気づきがあります。

MTT2日目のデモレッスンの内容や事前面接の内容に合わせて、3日目のテーマがそれぞれ与えられます。『全員同じ』ではなく、ひとりひとりオーダーメイドタイプのトレーニングが受けられるのが、ポリグロッツのトレーニングの魅力だと思います。

3日目のお題として私に提示されたのは『TOEIC Part2を使ったリスニング徹底レッスン初級編』というものでしたので、その準備をして3日目に備えます。





【MTT3日目 実際の生徒さん3名をお招きしての30分のデモレッスン】

前回は、受講者が生徒役をするデモレッスンでしたが、今回は生徒役の方を3名お招きしての30分のデモレッスンをするというトレーニングです。

英語講師ではない生徒役の方へのレッスンはとても新鮮なものでした。
大学以外でクラスをしたことがなかったので、初対面の方でその1回しかお会いする事はないであろう方を相手に、思い通りに授業を進めることの難しさを感じました。そして、生徒役の皆様からもアンケートをいただけるので、これもとても参考になります。

このように、いろんな立場の人からたくさんフィードバックをもらえるのはMTTならではの醍醐味ではないでしょうか。
もちろん、いろんな意見の方がいるので、全てをその通りにするというのではなく、受け止めて考えた上で自分のレッスンに落とし込んでいけばいいのでその点はご安心くださいね。

これまで、私の受けた流れをメインでレポートして参りましたが、MTTのいいところはこれだけではありません。
他の受講生のレッスンを見ることができるというのも、とても大きな学びの機会であります。録画により自分のレッスンも見直し、トレーニング中は他の方のレッスンも体験し、さらにはいろんな立場の方からフィードバックをもらえる。まさに全方位的な認定講師育成トレーニングプログラムなわけです。


DSC02349.JPG


毎回のデモレッスンごとに自分自身で成長も感じられますし、どんな講師としてアピールしていくべきかもわかってきます。さらにはポリグロッツティーチャーとして実際に講座を開講することを前提としてトレーニングが進むので、講座のタイトルづけなどもサポートしてもらえます。またに手取り足取りなこのトレーニングはこれで前半戦が終了したところです。後半戦もまたレポートしますので、楽しみにしていてくださいね。

果たして、春日啓花は無事にトレーニングを修了しポリグロッツティーチャーになれるのか????乞うご期待です!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives