Hello POLYGLOTS Teachers! Vol.3 Shin先生




Hello POLYGLOTS Teachers Vol. 3






Shin先生が独立した理由は、実は....◯◯◯!?


カナダ留学時代の挫折って・・・・?


Shin先生の過去から、現在開催中の講座についての熱い思いをインタビューしました!




kumada.png



みなさん、こんにちは。ポリグロッツPRチームの春日啓花です。

今日はポリグロッツ創立より、ポリグロッツの看板コンテンツOrdinaryDayの制作を担当されていて、TOEIC講座やスピーキングの講座もいつも大人気のShin先生をご紹介します。


Q. まず、みなさんにお聞きしているのですが、講師歴はどのくらいですか?
Shin先生はご自身で英語のスクールも経営されているんですよね?


A. はい、英会話学校に勤めていたこともあるのですが、自分のオリジナルの方法で『本当に英語を話せるように』教えたいという願望がふつふつと湧いてきまして・・・そこで蒲田に『英語即戦学校』を設立しました。

実を言うと、趣味のスケートボードを好きな時にやりたかったというのも独立した理由の一つです。英語講師歴はトータル17年位でしょうか。個別レッスン・グループレッスン・企業での研修などいろいろしています。

shin-masaki.jpg
Shin先生の経営する英語即戦学校 Shin先生(左)とMasaki先生(右)



Q. 『本当に英語が話せるように』とは?どういうことでしょう?


A. 例えば、英会話スクールでは、講師は当たり前ですが、色々会話を広げようと質問してくれますよね?生徒側はそれに答えることに注力しがちというか・・。でもそれって本当にコミュニケーションと言えるでしょうか?僕は『会話力は質問力』だと思っていて、『いかに自分から話題をふって会話をつなげるか』それができてこそ、本当の英会話力がついたと言えると思っています。



Q. なるほど!確かにその通りですよね。日本語で話すときは、みんな自然にそうしていますもんね。
コラム読者の皆様に、具体的な例も教えていただけますか?


A. そうですね。例えば、本当に簡単な例ですが、Where are you from? に対して I'm from Japan. で終わるのではなく、Do you know Mt. Fuji? や Have you ever tried Sushi? とかなんでもいいんです。別に本当にそれについて話したいかどうかは、初級の段階ではどうでもいいと思っていて。『自ら会話を膨らませる事ができる』というのを僕のクラスでは重要視しています。

2018-03-06-19-29-50.jpg



Q. そんなShin先生のクラスはTOEICのPART5講座なども大人気ですよね。
私も大学でTOEICを教えていますが、初級のクラスの生徒には特に教えるのが難しいなと思います。文法事項と問題の解法がどうも結びつかない子も多くて。


A. そうなんですよ。TOEICのクラスでは、それぞれの問題を『どこに着目して』、『どれくらいの時間で』、『どう解いていくか』を実際にやりながら説明すると、実際の試験のイメージがつかめるので、僕はそうしているんです。そうすると「腑に落ちた!」と言ってもらえますね。



Q. 参考になりました!後期の授業から、取り入れて行きます! Shin先生のイチオシの講座はやはりそのTOEIC講座ですか??


A. TOEIC講座はもちろんですが、今のイチオシは『30分でマスター!会話英文法 瞬間英作文講座』です!
30分×12回のオンライン講座で、『会話力』と『瞬発力』を身につける講座です。レッスン時間外の課題添削もついているので、確実に英語力が伸びるカリキュラムになっています。英語を勉強する目的は、みなさんそれぞれ違うと思うのですが、そのスタートとして間違いなく必要な力を付けられるコースだと自信を持って言えます。
また、TOEIC高得点者にありがちな、"会話力とスコアのギャップ"を埋めるのにも最適の講座です。
このオンラインコースはまだあまり知られてないようなので、これを機会にぜひ受講を検討していただきたいです。今がチャンスです!




Q. 30分だと、忙しい人でも受講しやすいですよね!「瞬間英作文」って今、書籍もたくさん出て流行ってますよね?


A.そうなんです。でも会話は相手があってこそなので、レッスンでアウトプットして、暗記ではなく自分の言葉にして欲しいですね。



Q. Shin先生は、こうお話を伺っていると、順風満帆な英語人生を送られてきたのかなという印象を持ちましたが・・・


A. いえ、そんなことはないですよ。僕はカナダの大学を卒業したのですが、最初の方は挫折もありました。

西洋史を学んでいたのですが、最初の歴史のクラスが『冷戦について』だったんです。そしたらもう、「ジャパニーズがここにいるじゃないか!さぁ意見を聞かせて!」という雰囲気になり・・・まったく言葉が出なかったですね。

あれは、本当に恥ずかしいし、悔しかった。僕もそういう経験をしています。みなさんと一緒ですよ。

2018-05-13-12-22-49.jpg
一緒にダブルティーチャーレッスンをするJenny先生は実はカナダ時代の同級生



Q. そうですか、先生にもそんな経験がおありなんですね。なんだか親近感が湧きました。最後に、Shin先生が講師として、心掛けていることを教えてください。

A. 僕にとってのスケートボードもそうですが、楽しいと続けようとしなくても続きますよね。僕のクラスを受けてくれる皆さんには、英語が楽しくなる、楽しいから勝手に続く、そしてそれが習慣になる。そうなって欲しいという気持ちで取り組んでいます。

日々続けるために、楽しんでもらう。

そうすれば確実に英語力に変化をもたらしますから!

僕の今の目標は、17年の講師人生で学んできた事をオンライン講座で全国の英語学習者の皆さんにシェアすることなんです。なのでぜひ、遠方の方も僕のレッスンに参加していただきたいですね。

後悔はさせませんよ!




keika.jpgのサムネイル画像


Shin先生はとってもお話が面白くて、インタビューの時間があっという間でした。日本人の英語講師として、私たちが経験する挫折や疑問を同じように経験していらっしゃるので、気持ちをよく理解してくれます。

そして、SHIN先生といえばアプリの人気コンテンツ『OrdinaryDay』ですよね。Shin先生はOrdinaryDayのユーザーの皆様や英語学習者様向けのFacebookページを開設されたそうです。コンテンツが始動するのがとても楽しみです。私も、すぐにでもフォローしますので、皆様も是非ご覧になってくださいね!

Shin先生のFacebookはこちら


また、先生オススメの『瞬間英作文講座』は、ビジネスシーンにも役立ちますし、GTECやTOEICのスピーキングなどの資格試験にもとても有効だと思いました。大学受験にスピーキングテストが導入されるようになるということで、受験生にもオススメです。

ポリグロッツの魅力は、このようなオリジナリティ溢れるレッスンをオンラインで日本全国どこからでも受けられることだと思います。私は地方在住なので、特にそう感じるのですが、地方では中上級のレッスンを受けられるスクールが少ないんです。まだあるだけいいというような状況で、とても先生で選べるような状況ではありません。ポリグロッツなら選び放題!私もShin先生のオンライン講座に申し込んで、先生のティーチングスタイルを吸収したいとそう思いました。

Shin先生の今までの開催講座

shin-offline.jpg
OrdinaryDayでおなじみ、Shin先生とJenny先生のダブルティーチャーレッスン
10月開講予定あり!


shin-online.png
オンラインで開講している会話文法コース
少人数でしっかり学べる!

その他 TOEIC Part5対策など、英会話に必要な英文法の講座が人気です!



受講者の声

本日もありがとうございました!

毎回本当に盛り沢山すぎるくらいのたくさんのことを教えていただいて、満足しかないです。

今は何も会話ができなくて苦しいですが、講座参加後は いつも未来への希望ばかりが生まれます!

これからも講座に参加できる日は全部参加させていただきたいと思っています!

また次回の講座も楽しみにしています!

Kさん 20代女性

昨日はありがとうございました。

今までいくつかの英会話スクールでレッスンを受講しましたが、物足りなさや成長の実感の乏しさを感じておりました。

しかし、昨日のレッスンではわずか1時間程とは思えないほどの気付きがございました。

6月には出張を控えております。

それまでに可能な限りレベルアップしたいと考えておりますので、ご高導のほどよろしくお願いいたします。

Tさん 20代 会社員 男性

▼最新のセミナー情報はこちら▼
class.png


Shin先生に開講依頼をしてみよう!
ご意見フォームはこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives