アルクの「VOAニュースフラッシュ」「ちょっといい話シリーズ」を初級者〜中級者向けコンテンツとして搭載しました。

株式会社ポリグロッツ(東京都新宿区、代表取締役:山口隼也)は、語学教育事業を手がける株式会社アルク(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)が出版する「VOAニュースフラッシュ」「ちょっといい話シリーズ」を搭載致しました。

d10773-37-710250-0.jpg

リスニング学習教材として評価の高い「VOAニュースフラッシュ」「ちょっといい話シリーズ」を、英語学習者が学習しやすいように、POLYGLOTSの機能を活用しながら学べる事が可能となりました。


○ POLYGLOTSアプリ内での搭載イメージ

d10773-42-243673-1.jpg
1. POLYGLOTS内の「 Audio Book 」カテゴリに各タイトルが並びます。難易度や進捗率の確認ができます。今回搭載されたのは下記5タイトルです。


● VOAニュースフラッシュ2018年度版
● VOAニュースフラッシュ2019年度版
● 英語で元気が出るちょっといい話
● 英語で泣けるちょっといい話
● 英語でハッとする聖書の話
















d10773-42-404502-2.png
2. 「ペースメーカ」機能による自動スクロールで、1分間に読める速度(WPM)を意識しながら読み進めることができます。いつものペースより少し早めのペースを設定して読んでみましょう。「リスニング」機能でも、同様に音声の再生スピードを自由に変えて学習できます。





















d10773-42-846267-7.jpg
3. わからない英単語をタップしてみましょう。即時に英単語の意味を調べる事ができます。また、この「ワンタップ辞書」機能で調べた英単語は、自動的に「自分専用の英単語帳」に登録されます。英単語帳の「Flash Card」機能や「Word Test」機能を活用することで、自分の分からない英単語を重点的に学習することができます。





















d10773-42-302017-5.jpg
4. 英語初級者にオススメなのが、日本語訳機能で先に日本語訳を読んで内容を理解します。その後英文を読み進める学習方法です。事前に話の道筋を知っているため、不思議と最後まで読み切ることができるようになります。






















今回搭載された「VOAニュースフラッシュ」「ちょっといい話シリーズ」を使って英語学習することで、自分の英語レベルに適した文章を使い、少しずつ読む速度、リスニングする速度を向上させることで、英語脳を鍛えることが可能になります。同時に、わからない英単語をどんどん調べて、覚えていきましょう。
今後も、初級〜中級者向けコンテンツは搭載予定がございますので、ご期待ください。

これからもポリグロッツは、「 "好き" を "学び" に 」をスローガンに、アプリにさらなる改良を加え、様々な形の「英語学習のしくみ」をテクノロジーを駆使して提供し続けることで、英語学習者をサポートしてまいります。



○ 株式会社アルクについて
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニーです。創刊から45年を超える『ENGLISH JOURNAL』など学習情報誌をはじめ、受講者数延べ120万人の通信講座「ヒアリングマラソン」シリーズ、書籍、研修、eラーニング教材、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。 https://www.alc.co.jp/

プレスリリース本文はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

Archives